静岡県富士市で、リフォーム・リノベーションをお考えのお客様はご相談ください!

お電話でのご相談もお気軽に

0120-119-642

受付時間.8:30~17:30 (休日 隔週土曜・日曜)

  • モデルハウス来場予約
  • お問い合わせ資料請求

スタッフブログ大銀建築のスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

オフィスバルコニー天井交換工事 天井完成~工事完了編

2021年04月01日更新

みなさんこんにちは!リクラスブログ編集部です。

本日4月1日から新年度ですね!それと同時に本日は1年に一度嘘をついてもいい「エイプリルフール」となっています。

ご入学を控える方、本日がご入社の方などバタバタしている方が多いと思います。ここは落ち着いて、仲のいい友達や家族に面白いウソをついてみてはいかがでしょうか?でも、人を傷つけるような嘘は禁物ですよ!

さて、オフィスバルコニー天井交換工事の続きですが前回解体が終了して材料の荷上げまでお伝えいたしました。

いよいよこの工事の山場である、耐風圧天井下地組とスパンドレル天井板の取り付けになります。

耐風圧天井下地は、ボルト部分を補強することで風で押し上げられて下地が曲がってしまう危険性を極力減らすための天井です。

普段よりも手間はかかりますがその分強い下地を組むことができます。

天井下地が組めたら、アルミスパンドレル天井板の貼り付けです。天井板が張り付けられたときは、やっと以前のキレイなバルコニーを拝めるという嬉しさがありました。

天井板を取り付けたら、それぞれの設備を取り付け、点検をしていきます。

いよいよ足場の撤去です。足場の撤去日は風があったので足場屋さんは安全に気を付けながら作業をしてくださいました。きれいなカーテンウォールが再び現れました。

その後養生を撤去して、掃除をして工事完了という形になります。

いかがだったでしょうか?天井を交換するだけでもたくさんの業者さんにご協力していただいて、一つの物を作り上げていくことがわかっていただけたと思います。

私共リクラス一同、このような素晴らしい建築全般のお仕事に係わることができて本当に幸せを感じております。お仕事をくださるお客様のためにも、日々勉強をしながらよりよいものを提供できますように精進してまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。